ブログ|林歯科医院 用賀|用賀駅東口

 
10:00~13:30
15:00~19:30

:土曜午前は10:00~13:00、午後は14:30~18:00
△:日曜(第2・4のみ診療)は10:00~14:00
休診日:木曜・日曜(第1・3・5)・祝日
※:木曜は振替診療することもございます。

お電話での診療予約・お問い合わせは
03-6805-7071まで

03-6805-7071

「用賀」駅 東口から徒歩2分
「桜新町」駅から徒歩11分

  • 用賀駅 東口・林歯科医院 用賀・問合せ
  • 用賀駅 東口・林歯科医院 用賀・WEB予約
  • 地図
  • メニュー

乳幼児期の子育てアドバイス②

2022年6月29日

 

ステップ3【生後9~11ヶ月頃】

 

2回食から3回食へステップアップします。

舌を前後、上下、左右に動かして食べるようになります。かたさは歯ぐきですりつぶせるかたさ(大人が親指と人差し指でつぶせるかたさ)が目安です。手づかみ食べが始まる時期ですので、スティック状、ボール状、小判型のものを取り入れてみてください。バナナややわらかく煮た野菜、柔らかいせんべいなどが適していて、とくにバナナはかじりとる練習にもなるのでオススメです。また、コップ飲みも練習してみましょう。

 

 

 

ステップ4【1歳~1歳半頃】

 

離乳食の完了期になるので、1日3回の食事と1~2回の間食という一定のリズムを作ってあげてください。歯ぐきで嚙みつぶせるかたさ、少し力を入れるとスプーンの縁で切れるくらいにします。口の周りの筋肉も発達してくるので、自分で食べたがり、口へ詰め込み過ぎたり、食べこぼしたりしながら一口の量を覚えていきます。食パンやバナナなどは口より少し大きめにして、前歯を使ってかじり取る練習をしましょう。スプーンやフォークの練習をスタートしてもいいかもしれません。

※食材として、はちみつや黒砂糖は1歳まではつかえません。牛乳は加熱すれば生後7ヶ月以降から離乳食に使えます。

 

 

このような月齢に合わせた離乳食のステップの流れはあくまでも目安の一つです。食の細いお子さん、たくさん食べたがるお子さん、全く食に興味がないお子さんなど様々ですので、それぞれのお子さんの様子に合わせて無理をせず、少しずつ進めてあげてください。

 

 

 

 

 

 

乳幼児期の子育てアドバイス①

2022年6月10日

離乳食のステップを学びましょう!

 

 

今回から4回にわたってご紹介するのは、お子さんのお口の成長に合わせた離乳食とお口のケアのステップです。母乳・ミルクから幼児食への進め方と合わせて、歯みがきの進め方もアドバイスいたします。初めての子育てで悩まれている保護者の方も多いかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ステップ1【生後5~6ヶ月頃】

 

今までは母乳やミルクだけの時期でしたが、生後5~6ヶ月ごろになると1日1回の離乳食を始めましょう。具体的には、首が座って寝返りができる、支えると5秒ぐらい座れる、スプーンなどを口に入れても舌で押し返すことが少なくなる、食べ物に興味を示すようになったら始めてもいいかもしれません。

このころは飲み込むこと、舌ざわりや味に慣れる期間です。離乳食はペースト状で、ヨーグルトやポタージュが硬さの目安です。スプーンを下唇にのせ、上唇が閉じるのを待ち、口が閉じたらゆっくりと水平に引きます。そして少しずつ唇を閉じて飲み込むことを覚えていきます。

たとえ離乳食を口にしてくれなくても決して焦らず、お子さんのペースに合わせて見守ってあげることが大切です。

  

 

 

ステップ2【生後7~8ヶ月頃】

 

ごっくんと飲み込むことに慣れてきたら、2回食に進みましょう。いろいろな味や舌ざわりを楽しめるよう、食品の種類を増やしていきます。

もぐもぐして食べるようになるので、舌を上あごに押し付けてつぶせるかたさ、つまりお豆腐やマッシュポテトぐらいのかたさが目安です。

(大人が親指と中指でつぶせるかたさです)

スプーンは口の奥まで入れず、自分で食べ物を取り込めるようにします。また、水分をコップで飲む練習の第一歩として、スプーンを横向きにして下唇の上に置き、上唇に液体をつけてすすらせます。

 

 

 

 

 

 

 

歯科医院でのクリーニングについて

2022年5月13日

プロフェッショナルケア ~林歯科医院 用賀のメンテナンスの流れ~

 

 

 

今回は、当院のプロケア(メンテナンス)についてご紹介いたします。

 

1.問診・準備   

すべての患者さまに検温・手指消毒・うがいをお願いしております。当院が初めてという患者さまはもちろんのこと、定期検診で久しぶりに来られた患者さまにも、まずお口の状態や気になる箇所、お口の中のお悩みについて丁寧にお伺いしています。

 

 

 

2.お口の中をチェック

処置を始める前に、お口の中全体をチェックいたします。ミラーを使用し、風をかけて唾液を除きながら歯茎の腫れや歯垢の付着具合を見ていきます。また、初診時には歯の細部までチェックできるよう、お口のレントゲン写真も撮らせていただいています。もしここで虫歯などを発見した場合は、現在の歯の状態を説明させていただき、次回から治療を行っていきます。  

  

3.スケーリング

歯のお掃除に入ります。当院では、通常上下2回に分けて丁寧にお掃除させていただいています。「超音波スケーラー」で次々と歯石を落としていきます。施術中、超音波独特の小さな音はしますが歯を削っているわけではありません。

 

    

4.   歯面研磨・歯間清掃

歯面研磨(ポリッシング)で、研磨ペーストをつけて着色の汚れ等、通常の歯磨きでは落とせないバイオフィルムを除去していきます。そして最後にデンタルフロスや歯間ブラシなどを使って、歯茎と歯、歯と歯の間まで汚れを取り除きます。

 

 

 

5.  歯磨き指導

清掃後、実際にお口の中をミラーで見ていただきながら、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシの使用法や選び方、磨き残しが多かったところや歯茎の弱っているところの磨き方をお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

当院のメンテナンスでは、患者さん自身が歯のケアに取り組んでいただけるよう、「今、なぜこのような処置をしているのか」などきちんと説明することを心がけております。定期的なメンテナンスを受けることで、虫歯やお口の中のちょっとした変化も早く見つけることができます。とくに歯垢は早い方で3ヶ月ぐらいで付着することが多いので、3ヶ月ぐらいを目安にメンテナンスされることをおすすめしています。

しばらく歯医者さんに行ってない方も、久しぶりにメンテナンスはいかがでしょうか?

 

自宅でするセルフケアについて

2022年4月28日

自宅でする「セルフケア」

 

 

自分で自宅で行うセルフケアは、歯ブラシでの歯みがきが基本となりますが、それに加えて様々なケアグッズもありますので、セルフケアの7つ道具をご紹介いたします。

 

 

☆手用歯ブラシ・・・一般的な歯ブラシです。たくさんの種類がありますが、口の状態にあった毛束の硬さやサイズ、形状を歯科医院で選んでもらいましょう。

 

☆歯みがき剤・・・着色を落とす研磨剤や、虫歯予防に役立つフッ素が入っているもの、歯周病用など自分の症状や用途にあったものを選びましょう。

 

☆デンタルフロス・・・歯と歯の接触面は歯ブラシが届かず歯垢が残りやすいため、毎回のお手入れにプラスしたいグッズです。指に巻き付ける糸まきタイプと持ち手がついているホルダータイプがあります。

 

☆歯間ブラシ・・・デンタルフロスよりも歯と歯の間の隙間が広い人に適しています。まっすぐなI字型と先端の曲がったL字型があり、無理なく挿入できる形状とサイズを選んで使いましょう。

 

☆タフトブラシ・・・毛束が1つのヘッドが小さな歯ブラシ。普通の歯ブラシで全体を磨いた後、親知らずや歯並びが悪いところなどにスポット的に使うとよいでしょう。

 

☆洗口液・・・口臭や乾燥の予防、爽快感を得るためなどに使用します。歯みがき後の仕上げに口に含んでぶくぶくうがいをして使用します。

 

☆電動歯ブラシ・・・1回2~3分ほどで口の中全体の歯垢を効率よく除去できます。電動・音波・超音波の3種類。時短重視の忙しい方や手みがきではうまく磨けない方などにおススメです。

 

 

自分にはどれが合うかわからないという方や使い方がわからないという方は、ぜひ歯医者さんでたずねてみてください。

 

 

 

歯医者さんとの正しいつきあい方

2022年4月6日

 

皆さんは、歯医者さんにどういう時行かれていますか?「急に歯が痛くなった」「歯ぐきが腫れてしまった」「被せ物が取れてしまった」など、お口の中の調子が悪くなった時に行くのが普通だと思われている方も多いのではないでしょうか?

 

日本では、昔から歯医者さんは「治療の場所」として考えられていましたが、最近では「予防歯科」としての役割の方が大きくなってきました。歯や口をきれいにしてもらうための場所、治すところがなくても通う場所として考えられるようになってきています。

 

この「予防歯科」というのは、自宅で自分で行う「セルフケア」と歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う「プロフェッショナルケア」の2つがそろって初めて成り立ちます。自分で毎日きちんと歯を磨いているから大丈夫と思うかもしれませんが、セルフケアだけで完璧にきれいにすることはどうしても難しく、病院の健診のように、お口の中もプロによるチェックや処置が大切になります。

 

また逆に、歯医者さんに定期的に通っていれば安心というものではありません。セルフケアで歯ブラシをしてる時間の方が長いため、きちんとした歯みがきを習得していないと良い状態を保つことはできません。つまり、自分と歯医者さんの二人三脚で初めてお口の健康を保つことができるのです。この機会に皆さんも歯医者さんとの付き合い方を変えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

お口のチェックリスト〈オーラルフレイル編〉

2022年3月24日

 

 

前回「オーラルフレイル」についてご説明しましたが、今回はその「オーラルフレイル」を防ぐためのチェックリストをご紹介いたします。ご自分やご家族に当てはまる項目がないかどうか一度確認してみてください。

 

 

□ 食事の量が減った、硬いものが食べにくくなった

 →歯や歯ぐきの痛み、口の中の乾燥、入れ歯が合わないなど口の中に何か問題があったり、食事の形態があってないかもしれません。

 

□ 食事中や食事以外でもむせる

 →飲み込む機能が低下しているかもしれません。

 

□ うがいでむせる、口からこぼれてうがいができない

 →飲み込む機能や口のまわりの機能の低下、認知機能に問題があるかもしれません。

 

□ 歯みがきをしない、したくない

 →口の中の痛み、認知機能に問題があるかもしれません。

 

□ 入れ歯を使っていない

 →入れ歯が合っていないため、痛みが出ているのかもしれません

 

□ 口の乾きが気になる、口臭がある

 →虫歯、歯周病の進行、歯みがきが不十分で汚れがたまっているかもしれません。

 

 

何か一つでも当てはまる項目がありましたら、早めに歯科医院に行かれることをおすすめいたします。お口のトラブルを解決することによって、食事もきちんと噛んで美味しさを味わうことができ、栄養も摂れるようになります。また言葉もはっきり発することができるので、人との会話も楽しくなります。お口の状態ひとつで生活がより楽しいものになりますよ。

 

 

 

健康管理の秘訣はオーラルフレイルの予防から

2022年2月24日

お口の衰えの予防を!!

 

 

以前にもこのブログでご紹介したことのある「フレイル」という言葉ですが、わかりやすく言うと「加齢により心身が老い衰えた状態」のことを言います。新型コロナウイルスの広まりにより、自粛生活が長引き、フレイルがさらに進んでいることがわかってきたそうです。とくに、口腔機能の衰えである「オーラルフレイル」に該当する人は、65歳以上の半数にものぼるという結果が出ています。

 

高齢になり口の機能が衰え始めると、ついつい軟らかいものを中心に食べるようになり、だんだん咀嚼機能が衰えていきます。その結果、食欲も低下して、さらに体の栄養状態も悪くなります。オーラルフレイルのリスクが高まると、硬いものが以前より食べられなくなってしまったり、食事中によくむせたり、口がよく乾いたりするようになります。

 

このオーラルフレイルを防ぐセルフケアとして、まずは日々の歯のケアと、ちょっとしたお口の体操などがあります。口腔ケアは、歯ブラシの他、歯間ブラシ、フロスなどを使い、時間をかけて磨いてみてください。お口の体操は、耳下腺、顎下腺、舌下腺を刺激する体操や舌を前に出したり、頬を膨らませる体操をすることで唾液の分泌が促されるため、お口が潤い、様々なオーラルフレイルを予防することができます。

 

それと共に、自分の口の機能の状態をきちんと認識するためにも、歯科医院で定期的な健診を受けることが大切です。3ヶ月~6ヶ月に1度は受診しましょう。

 

 

 

お子様の受け口について

2022年2月4日

 

 

3歳児健診でお子様が受け口と診断されたことはありませんか?

受け口というのは咬み合わせが反対になっていて(反対咬合)、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態のことをいいます。上の顎よりも下の顎の方が発達することで起こる状態です。お子様がまだ小さいから様子をみようと受け口をそのまま放置しておくと、次第に食べ方や話し方に違和感を覚えるようになります。とくに、ご両親や近親者で反対咬合の方がいる場合には遺伝することも多く、自然に治ることはありません。

そこで、ここ数年注目されているのが「ムーシールド」という装置を使った治療方法です。「ムーシールド」とは、お子様の受け口を早い時期から改善していく顎の矯正装置です。3~5歳頃から使うことができ、寝るときにマウスピースを付けることで、舌の位置や口の周りの筋肉のバランスを整えて正しい位置に改善していきます。

 

 

【ムーシールドのメリット】

・痛みが少ない

・費用が比較的安い

・装置を取り外すことがきる

・小さいうちから治療できる

 

 

【ムーシールドのデメリット】

・寝るときにつけるため、子供にとっては負担になることがある

・治療できる時期が限られている

・成長することで再調整が必要になることがある

 

 

大人になって骨が成長したあとでは、治療はさらに難しくなります。将来的には本格的な矯正が必要となり、費用が高くなってしまいます。すべての受け口のお子様に適用できるわけではありませんが、もし今、お子様の受け口が気になっているようであれば、歯科医院でご相談されてみてはいかがでしたでしょうか?

 

 

歯の豆知識④

2022年1月28日

 

口内炎ができることはありませんか?

 

 

口内炎は、口の病気の中で最も多くみられるもので、口の中の粘膜に起こる炎症です。起こる原因は、細菌の繁殖やストレスなど様々ですが、体調を崩した時にできやすく、水泡や潰瘍ができたり、赤く腫れたり、痛みや出血を伴うこともあります。口内炎の中でも一般的なものが、アフタ性口内炎と言われるもので、白っぽい潰瘍がいくつかできるのが特徴です。何回も再発を繰り返すことも多く、お子さんや女性、神経の細かい人などがなりやすい傾向があります。

 

口の中というのは、呼吸をしたり、食事をしたり、話したりといつも外界と接していて、体の大事な入り口です。従って、ほこりやウイルスや食べ物に付いている細菌などが口の中に付着しやすくなり、不潔にもなりやすいところでもあります。体調に問題のない健康な人でしたら、唾液や体の免疫機能により清潔に保つことができますが、ストレスや不規則な生活、また食生活の乱れなどにより体調を崩してしまうと、細菌などが繁殖しやすくなります。

 

 

口内炎ができてしまったら?

 

 

酸っぱいものなどを食べると、傷口がかなりしみるので、お子さんの場合は痛みを嫌がって食べないことがあるかもしれません。そんな時は刺激物は避け、傷口を保護するといいでしょう。口内炎の軟膏などを塗ると痛みも和らいで、治るのを早めてくれます。

 

一番大切なことは、とにかくお口の中を清潔に保つことです。。つまり細菌の繁殖を防ぐことが第一ですので、食事をした後には必ず歯を磨き、うがいをマメに行うなど日頃から意識をしてみてください。

 

口の中は、いつも外界とつながっている大事な器官であり、自分の健康のバロメーターでもあります。口内炎ができてしまったら、ぜひ普段の生活を見直してみてください。疲れはたまっていませんか?偏った食事はしていませんか?体調には気を配り、生活の良いリズムを保つことが大切です。

 

口内炎と口腔がんはよく見た目が似ています。あまりにも口内炎が長く続くようであれば、それが口内炎ではなく口腔がんの可能性もありますので、自己判断せず最寄りの歯科医院で相談してみてください。

 

歯の豆知識③

2021年12月20日

親知らずとは・・・

 

 

親知らずとは、歯並びの一番後ろで、前から数えると8番目の歯のことをいいます。生えてくる時期や生え方には個人個人で違いがあり、20歳前後で生えてくる人が多いのですが、埋まったまま生えてこない人や元々親知らずがない人もいます。

親知らずは一番奥の歯なので、生えるスペースが不足していたり、生える方向が違って水平や傾いたまま生えてくるなど、正常に生えてこないことが多いのが特徴です。

 

普段、歯みがきをきちんとしたつもりでも、歯ブラシの毛先が奥まで届きにくく、他の歯よりも歯垢の除去が難しいので、虫歯や歯周病になりやすくなります。例えば、親知らずが斜めに生えてきた場合は、歯と歯肉の間にすき間が出来てしまいます。このすき間に食べ物のかすや細菌がたまると、歯ぐきが腫れたり、痛みが出て炎症を起こし、智歯(親知らず)歯周炎という状態になります。さらには、生えてくるスペースが不足すると、親知らずが周りの歯を押してしまい、歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼすこともあります。

 

では、親知らずはどんな場合でも抜いた方がいいのでしょうか?

 

<抜いた方がいい場合>

・親知らずそのものが虫歯、あるいはとなりの歯も虫歯になっている

・いつも食べかすがつまる、歯ぐきが腫れて痛むことがある

・斜めに生えていて、周りの歯に悪影響を与えている

 

<抜かなくてもいい場合>

・親知らずが上下で正常に生えていて、咬み合わせもきちんとしている

・親知らずが顎の骨の中に埋まっていて、とくに痛みもない

 

 

ただ気を付けていただきたいのは、親知らずというのは生えてないように見えても、顎の骨の中で問題を起こしていることもあります。親知らずがある人はもちろんですが、今現在生えてない人も、この機会に一度歯科医院を受診して、レントゲンなどで今の状態を確認することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 9