ブログ|林歯科医院 用賀|用賀駅東口

 
10:00~13:30
15:00~19:30

:土曜午前は10:00~13:00、午後は14:30~18:00
△:日曜(第2・4のみ診療)は10:00~14:00
休診日:木曜・日曜(第1・3・5)・祝日
※:木曜は振替診療することもございます。

お電話での診療予約・お問い合わせは
03-6805-7071まで

03-6805-7071

「用賀」駅 東口から徒歩2分
「桜新町」駅から徒歩11分

  • 用賀駅 東口・林歯科医院 用賀・問合せ
  • 用賀駅 東口・林歯科医院 用賀・WEB予約
  • 地図
  • メニュー

普段こういう癖はありませんか?

2021年12月10日

 

日常の生活習慣において、何気なく行っている体勢でも、長い期間続くと歯を動かしてしまい、顎や歯並びの位置を変え、顔だけでなく体全体に大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。このように、お口に悪い影響を与えるような姿勢の癖を「態癖」と言います。日頃あんまり耳にしない言葉かもしれません。

では「態癖」とはどういう癖なのか、いくつか例を挙げてみますので、普段こういう癖がないかどうかチェックしてみてください。

 

大人の方に注意していただきたい癖には以下のようなものがあります。

☆ほおづえをついていませんか? 

 

ほおづえをつくと、頭の重さが顎に大きな力となって加わり、下顎が後退してしまいます。とくに、片側から下顎を支えるようなほおづえは、歯並びが内側へとずれてしまいます。左右の骨のバランスが崩れるため、歯並びも悪くなってしまいます。

☆うつぶせ寝してませんか?

 

息がしにくいので首をどうしても横に曲げてしまうため、背骨がねじれたようになり、その体勢は腰や肩など体全体の骨に影響を及ぼします。顎が押されてしまうため、大きな力がかかり、顎関節症の原因にもなります。

その他、お子さんに注意していただきたい癖としては以下のようなものがあります。

☆指しゃぶりをしていませんか?

 

3歳ぐらいまでの指しゃぶりは、歯並びにもほとんど影響はないと思います。しかし、3歳を過ぎても指しゃぶりをしていると、前歯が前に出てくる「出っ歯」や上と下の歯の間がひらく「開咬」、あるいは顎の骨が変形してしまい不正咬合になることもあります。

☆唇を噛んだり吸ったりしていませんか?

 

下の唇をかむ癖や吸う癖は、唇が上と下の前歯の間をたびたび動くので、前歯に圧力がかかってしまいます。下の前歯が内側へ倒れたり、逆に上の前歯が外側へ倒れたりして、上下の嚙み合わせが悪くなります。

 

 

☆舌を動かしていませんか?

 

舌で前歯の内側を押してしまったり、また上下の前歯の間に舌を挟んでしまうような癖は、何回も繰り返されると歯を動かしてしまうので、歯並びが悪くなります。また舌が前に出てくるようになると、舌足らずな話し方にもなりやすくなります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

歯というのは、ほんの少しの力でも、その力が長い期間繰り返されると少しずつ動いてしまいます。日頃の生活習慣を見直すことで、お口や顎の問題も解決することができるかもしれません。何か気になる癖や心配なことがございましたら、一度ご相談ください。

 

 

審美歯科について

2021年11月19日

 

最近では、タレントやモデルの方だけでなく、審美歯科の治療やホワイトニングで「歯を白くしたい」と考える方が年々増えており、だんだん身近なものになってきました。

 

審美歯科とは、歯を白く美しくするだけでなく、歯肉なども含め健康で美しいお口の環境を作ることを目的としています。ただ一般の歯科では、病気を治療し機能を回復させることが目的なので保険が適用となることが多いですが、審美歯科では審美性(見た目)を良くすることを目的とするため保険が適用となりません。ですので、どうしても費用は高くなります。

 

しかし、歯をきれいに美しくし歯肉や他の歯とのバランスを整えることは、口元の美しさを高めるだけでなく、精神的にも良い効果をもたらします。口元に自信がなくて、歯を見せて笑えなかった人が自信をもって笑えるようになり、積極的になったという例もあります。

 

前回のブログでもお話しましたが、金属の詰め物や被せ物は見た目が目立つだけでなく、歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーといったリスクも伴います。審美歯科の治療では、銀歯を白いセラミックなどの材料に替えることで、金属アレルギーのリスクがなく、溶け出してしまった金属イオンで歯ぐきが黒ずむ心配もありません。汚れもつきにくいので、虫歯や歯周病リスクを減らすこともできます。

 

ぜひ皆さんもこの機会に見た目の美しさを追求してみてはいかがでしょうか?

ご興味のある方はぜひご相談ください。

 

 

 

 

お口の金属アレルギーとは!?

2021年11月8日

 

アレルギーと言ってもいろいろな種類がありますが、歯科に関係するアレルギーでは、歯の治療で金属の詰め物や被せ物をしたことで顔や体にアレルギーの症状が出ることがあります。アレルギーの原因になる物質は、血液が循環することによって全身に回るため、体のいろいろなところに症状が出てきます。治療後、数年経ってから急に症状が出ることもあると言われています。

 

 

アレルギーの具体的な症状としては、「たびたび口内炎ができる」「舌が痛い」といった口内炎、歯肉炎、舌炎などの炎症が口の中に生じ、さらには、口の中だけでなく、口の周りや顔、背中、手足など体の皮膚に発疹や水膨れができたりすることもあります。また人によっては、頭痛やめまい、脱毛などの症状が出るとも言われています。

 

 

では、その原因とは何なのでしょうか?

実際のところ、口の中の詰め物や被せ物などの金属自体が直接アレルギーを引き起こすのではなく、金属から溶け出した金属イオンが体へと吸収されることで引き起こされます。しかし、金属イオンが溶け出した場合でも、自分の許容を超えてしまわなければ、アレルギーを引き起こすことはありません。現在、歯科の治療で使われる金属は、金、銀、銅、ニッケル、コバルト、パラジウム、チタンなど、とても多くのものがあり2種類以上の金属を混ぜ合わせた合金が使われています。

 

 

金属アレルギーの治療方法ですが、基本的に可能な限り、原因となる金属に対しての接触を避けることが大切です。原因を知るためにも、皮膚に金属試薬を貼るパッチテストを行い、金属を特定する方がいいでしょう。そして、アレルギーの原因である金属がわかったら、その金属を取り除き、セラミックやプラスチック樹脂といった金属以外の材料で治療することをおすすめします。

 

 

日頃からアレルギーの症状が気になっている方は、一度ぜひ歯科医院でご相談ください。

 

 

 

 

 

治療を途中でやめるのは危険です!!

2021年10月20日

 

歯が痛くて歯医者さんに通っていたけれど、何かしらの理由で治療を途中でやめてしまったことありませんか?

 

学校や仕事が忙しくて、ついつい予約を忘れてしまった…

行くのを忘れてしまい、行きづらくなってしまった…

治療は途中だったが、痛みがなくなったから行かなくなった…という方も多いと思います。

 

けれども、歯の治療を途中でやめることはとてもリスクがあるということをご存知でしょうか?

 

 

《歯の根っこの治療をやめてしまうと・・・》

 

根っこの治療は、構造上、とても細かく難しい治療になるため、治療の流れも複雑でどうしても時間と回数がかかります。根っこの中は、細菌に感染した神経や歯質が残っている状態なので、先端に再び膿がたまり、歯茎が腫れたり痛みが出てきたりします。

 

《仮歯のまま放置しておくと・・・》

 

仮歯というのはあくまでも仮の歯なので、長い期間使えるものではありません。装着の仕方も外れやすくなっています。だんだん仮歯が擦り減ってくると、そのすき間から細菌が入って再び虫歯になったり、咬み合わせも悪くなったりします。

 

《歯の型を取ったままやめてしまうと・・・》

 

型を取って、長い期間そのまま放置しておくと、せっかく出来上がった詰め物や被せ物がうまく適合しなくなる場合があります。調整に時間がかかったり、最悪は作り直しになります。型を取った後は、出来るだけ時間をあけずにセットすることをおすすめします。

 

 

このように、治療を一度中断してしまうと費用も時間もかかってしまうことになりかねませんので、ぜひ最後まで治療を受けてください。以前、当院で治療を受けて途中になっている方はもちろんのこと、他院で治療途中であるという方も診察させていただきます。患者さまが治療を続けやすいよう、配慮させていただきます。ご希望がございましたら、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

歯の豆知識②

2021年10月8日

無意識に「歯ぎしり」していませんか?

 

 

「寝てるとき、歯ぎしりしていたよ」とご家族に言われたことはありませんか?

歯ぎしりぐらい・・・と思われがちですが、長い歯ぎしりが続くと歯を痛めるだけではなく、口腔全体に悪影響を及ぼすことがわかっています。疲れていると歯ぎしりをすることがあります。しかし、歯ぎしりが習慣になって繰り返している人の中には、毎晩のように、しかも長時間にわたって続く方がいらっしゃいます。しかも、とても強い力(人によって違いはありますが、ガムを噛むときの数倍~10倍程度)で、歯をこすり合わせていますので、歯が欠けたり、割れたりすることがあります。歯茎にも強い力が加わるため、歯周病を悪化させる原因にもなり、あごやその周辺の筋肉に障害を引き起こしたり、さらには睡眠時無呼吸症候群との関係も深いことがわかってきました。症状を悪化させないために、予防したり、必要に応じて治療することも大切になってきます。

 

歯ぎしりには次の3つの種類があります。

 

①歯のこすり合わせ(グラインディング):一般に歯ぎしりといわれるもので、強い力で上下の歯をこすり合わせる症状

②歯の噛みしめ(クレンチング):強い力で歯をくいしばる症状

③歯を鳴らす(タッピング):カチカチと細かく上下の歯をぶつける症状

 

ところで、このような歯ぎしりはなぜ起こるのでしょうか?実は歯ぎしりの明確な原因はまだわかっていませんが、大きくは2つの原因が考えられています。

 

①歯の嚙み合わせの悪さ:上下の歯の嚙み合わせが悪いと歯ぎしりを起こしやすくなります。歯の治療後などに嚙み合わせが変化することもあるので、歯科医に相談しましょう。

 

②ストレス過多:ストレスによって精神的な疲労が重なると、歯ぎしりが多くなる傾向があります。歯ぎしりが増えたときは、積極的に気分転換などをしてストレスを解消しましょう。

 

 

では、歯ぎしりを予防したり、症状を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

まず噛み合わせの確認です。むし歯や歯周病がなければ「スプリント療法」に入っていきます。これは睡眠時にマウスピースのような器具をはめて、上下の歯が直接当たらないようにガードする方法です。保険が適用されるので、歯ぎしりがひどい場合には一度歯科医院で相談してみてください。また、必要に応じて矯正を行う必要が出てくる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

天候と歯

2021年9月22日

天気が悪いとき、歯が痛くなりませんか?

 

 

夏の暑さも終わり、最近は秋めいてまいりました。そろそろ台風がやってくる季節になりますが、台風が来ると大雨になり、湿気も多く、気圧の変化で頭痛がしやすいという方もいるのではないのでしょうか?

昔から天候は私たちの体に大きな影響を与えるものの1つですが、皆さんは雨が降ると歯が痛むことはありませんか?

 

 

歯の内部には「歯髄腔」という神経の通っている空洞があります。その空洞は普段は外の気圧と等しくなってますが、外の気圧が変化すると、歯の内部や神経に圧力がかかり、歯に痛みをもたらします。飛行機で耳が痛くなったり、山登りでお菓子の袋がパンパンになったりする現象と同じことが歯で起きています。これを「気圧性歯痛」といいます。ただ、この「気圧性歯痛」は健康な歯ではほとんど起こりません。気圧による変化を受けやすいのは次のような方です。

 

①虫歯や治療途中の歯がある

②詰め物や被せ物をした歯がある

③歯茎や歯の根っこに膿が溜まっている

 

雨の日になると、同じところに痛みを感じるようでしたら、一度歯科医院を受診して虫歯かどうかチェックしてもらってください。気圧をコントロールして痛みを抑えることは難しいので、お口の中の状態を変えることによって痛みを防ぐことが大切になります。

 

この時期を健康な歯で元気に乗り切ってみませんか?

 

 

 

熱中症予防とスポーツドリンク

2021年8月23日

 

まだまだ暑い日が続いている8月ですが、皆さんは熱中症予防の水分補給として何を飲まれていますか?

 

スポーツドリンクを飲まれている方も多いのではないのでしょうか?

 

確かに、スポーツドリンクは塩分・ミネラル・糖質を含んでいるので、体から失われたエネルギーやミネラルを補うためにはとても適しています。けれども、歯科の立場から見ると、スポーツドリンクというのは注意が必要な飲み物でもあります。スポーツドリンクには、PH3.0~4.0ぐらいの酸が含まれていますが、これは歯が溶け始めるPH5.5よりも強い酸を含んでいます。スポーツドリンクを何回も飲むと、歯はそのたびに酸に触れることになります。しかも汗をかいて唾液の量も少なくなっているので、口の中では長時間酸がたまってしまい、歯を溶かしてしまいます。とくに、お子さんの乳歯や生えたばかりの永久歯は、まだ軟らかくて酸には弱いので注意が必要です。

 

また、スポーツドリンクは多くの糖質も含んでいます。1日に何回も飲んでいると、虫歯菌がその糖分を取り入れて酸を作り、歯を溶かしてしまう原因になります。

 

そのため、熱中症予防や運動の際にスポーツドリンクを飲んだ時は、同時にお茶や水も飲むようにしてみてください。お茶や水を口に含んで、スポーツドリンクをだらだらと長時間飲むのは控えましょう。

 

スポーツドリンクを飲む際には、歯のことを気にかけながら水分補給をするようにしましょう。

虫歯が気になっている方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

あなたの歯とお口の健康満足度は?

2021年8月20日

皆さん、普段お口の中をチェックされていますか?

今回は「しばらく歯医者さんに行ってないなあ…」という方のために、お口の健康チェックリストをご紹介したいと思います。10項目ありますので、ご自分の歯にいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

 

【チェック項目】

 

▢ 歯並びや口元が綺麗とほめられる

▢ 歯を磨いてもほとんど出血しない

▢ 定期的に歯みがきの指導は受けている

▢ 歯の表面がツルツルしている

▢ 歯肉の色がピンク色でひきしまっている

▢ 歯のぐらつきなどはなく、美味しく食事をすることができる

▢ 歯と歯の間に物がはさまらない

▢ 熱いものや冷たいものを食べたとき、歯が痛まない、しみたりしない

▢ 口臭はとくに気にならない

▢ 舌の色はいつもピンク色をしている

 

【診断】

 

チェックの数 ◎7個以上→お口の健康状態はとても良い状態なので、今のまま続けてください。

       〇5~6個→ほとんど問題はありません。「はい」の数が増えるように頑張りましょう。

       △3~4個→少し問題があるようです。歯科医院でお口のお手入れ方法の指導を受けましょう。

       ✖2個以下→お口の健康状態に問題があるようです。歯科医院を受診して検査をお勧めします。

 

 

いかがでしたでしょうか?

より歯の健康を保つために以下の事をお勧めしています。

 

1.かかりつけの歯科医院をつくりましょう。

2.年に1回は歯科医院で定期健診を受けましょう。

3.歯科医や衛生士による歯みがき指導を受けましょう。

4.デンタルフロスや歯間ブラシなど歯間清掃道具を使いましょう。

5.週に1回はお口の中をチェックしてみてください。

6.食事はゆっくりよく噛んで、味わって食べてください。

 

 

 

 

 

 

 

歯の豆知識①

2021年7月16日

歯みがき後のうがいは何回?

 

皆さん、歯を磨いた後のうがいは何回ぐらいされていますか?

歯みがき剤をきれいに洗い流してしまおうとついつい何回もうがいをしていませんか?

 

虫歯は虫歯菌が糖を食べて酸を作り、これが歯の成分である(ハイドロキシ)アパタイトを溶かすことにより起こります。 これを「脱灰」といいます。脱灰が続くと、歯の表面が白くまだらになり、これが初期虫歯です。

 

初期の虫歯では、脱灰したアパタイトが「再石灰化」をうながしてくれます。フッ素(フッ化物)を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると次には脱灰しにくいため、歯の表面が強いアパタイトに置き換わって虫歯に強くなります。つまり、虫歯予防にはフッ素入りの歯みがき剤が良いといわれていて、再石灰化時にフッ化物がお口の中に停滞していることが大切です。

 

ところが、歯みがきの後に何度もブクブクうがいをしてしまうと歯みがき剤に含まれるフッ素成分が流れて希釈されてしまうのです。歯みがき後の仕上げのうがいは、ごく少量の水で1回だけにして、しばらく飲食しないことにより再石灰化効果が高まると言われています。

 

現在、国内で販売される歯みがき剤の多くは身体に安全な濃度ですので安心して使用できます。

 

 

マスク着用で口呼吸のリスクにご用心!!

2021年6月30日

新型コロナウイルス感染予防のため、日常生活ではマスクを着用しての生活が当たり前になっています。この時期、着用が大切なマスクですが、お口の中にもいろいろ影響が出てくるのをご存知でしょうか?常時着用していると、どうしても息苦しくなり、口がぽかーんと開いてしまい、いつのまにか楽に感じる口呼吸になってしまいます。しかし実は、この口呼吸にリスクがあるのです。

 

口呼吸のリスク

①唾液は口の中の粘膜を覆い、細菌の繁殖を防いだり、細菌や食べ物のかすを洗い流したり、また虫歯の原因となる酸の力を弱めたりする働きがあります。しかし、口呼吸をしていると、口の中が乾燥して唾液が減少するため、どうしても菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクだけでなく、口臭の原因にもなります。

 

②鼻呼吸であれば、鼻毛が大きめのちりやほこり、花粉をせき止め、さらに奥の粘膜の表面にある線毛がウイルスや細菌などをキャッチし、体内の侵入を防いでくれます。しかし、口呼吸だと、直接異物を肺に取り込まれやすくなってしまうため、肺炎等のリスクが高まってしまいます。

 

③鼻呼吸だと、舌の表面は上あごについた状態になりますが、その一方、口呼吸で口が開くと、舌は上あごにつかず下がった状態になります。その結果、舌が下の歯を内側から押し広げるようになり、その結果、歯並びが乱れたり、嚙み合わせが悪くなるという心配も出てきます。

 

 

このようなリスクを少しでも減らすため、日頃からご自分で無意識のうちに口呼吸になっていないか確認してみてください。また鼻呼吸を意識するのと同時に、お口の中の健康を保つためにも、ぜひ定期的な歯科健診とクリーニングをおススメします。

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9